命の扱い

 

実家に帰って、ご先祖の話を聞くのが面白い。

4年前にお祖母ちゃんが92歳で亡くなって、その葬儀の席で初めてお祖母ちゃんが双子だったと知った。(早く教えてくれよ…)


で、そのお祖母ちゃんの名前が「米」と書いて「こめ」と読むのだけど、双子のもう1人の方は同じく「米」と書いて「よね」と読むそうな。

米(こめ)ばあちゃんと、米(よね)ばあちゃん。

双子の上に漢字で書いたら同じ名前って、ややこしすぎるやろ…(笑)もう少し考えようよ…。

理由を聞くと、

「昔やからな。どうせ双子は育たないしどっちかは死ぬやろ…。って算段やったらしいわ。」って、命の扱い雑やな…(笑)

でも、こういう昔の人の感覚を学ぶのが仕事柄とても大事なんですよね。面白いなあ。

ちなみに米(こめ)ばあちゃんは92歳まで生きたわけだけど、もうひとりの米(よね)ばあちゃんも78歳まで生きたそうな。

「昔、あんたがよく駄菓子を買いに行ってた◯◯商店あるやろ。その店番してたおばあちゃんいたやろ。あれが米(よね)ばあちゃんや。」って、それ今言うか…。

何気に会えてたんやね米(よね)ばあちゃん…。

早く教えてくれよ。

なんかみんな色々テキトーやな(笑)

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です