ブログをリニューアルしています

流れこそ状態なり

medium_3224217385 ポジティブ思考とかいう言葉がもてはやされて、ポジティブな考え方で心をポジティブに保とうとしたりするのが今の本屋さんに並んでる心理系の本のおおかたの主張なわけだけど、それは本質ではなく、 心がポジティブに保てるかどうか。 それを決定付ける本質は、 『交流が無く流れが止んだエネルギーは必ずネガティブになる』という所にあります。 与えては受け取り、受け取っては与え、心は流し続けていてこそ自然なのです。 流れを止めたり流れが淀むと、そこに憂鬱や自己否定が忍び寄ります。 だからそんな時、人は無意識に無駄な買い物をしたりしてお金を通じてエネルギーを外に出したりします。 内から外へ外から内へと、心とは流れている状態こそが自然なのです。 「自信が無い…。」という人に対しても同じことが言えます。 「私はできる!」とポジティブなアファーメーション(自己宣言)を繰り返すことで、自信が養われますよ。とか。 NLPの心理ワークでイメージを操作すれば心が変わって、セルフイメージが上がりますよとか。 もちろんそういった方法は補助的には有効なのだけど、どんな強烈なワークも本質は偽れません。 『自信』とは自分から社会へ、社会から自分へと通せるエネルギーパイプの太さを言うのです。 小さなエネルギーしか流さずに「自信がある」なんて思えるとしたらそれは執拗なアファーメーションとイメージングの結果、自己認識が歪んだということです。あるいはまだ外の世界を知らないのです。 心が沈んだら、 ポジティブ思考なんてほどほどで良いので、 自分の中にどれだけのエネルギーを通せているか。 止めているところが無いか。 そしてエネルギーのパイプを自分が心地よいと思える範囲でもう少し拡大できないか。 あるいはインターネットや組織などの仕組みを使って、疲弊することなく効率よく自分のエネルギーを世に流す方法が無いか。(まずい経営者のまずいビジネスモデルなど、返ってこない場所にエネルギーを送ってないか。) その辺りをチェックするようにしましょう。 完全な休息(停止)よりも、心地良いエネルギーの流れをマネジメントしましょう。 幸せなライフバランスを保つにも豊かさを得るにも、そのあたりにコツがあります。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です