カテゴリー別アーカイブ: 憂鬱の作法

みんな秘境を目指している

27276577240_7071774790

昨日は21時くらいに子供と添い寝してたらそのまま一緒に寝てしまって、気づけば夜中の2時だった。

こういう時はいつも時間を無駄にしたと凄く後悔するのだけど、

昨日は気づいた。

夜中の2時に目が覚めて家族みな寝静まった中で時間が動き出す感じ。

夜が深くてちょっと憂鬱で、世の中の流れから切り離されてしまったような感覚。

この感じは映画を観るのに最適な意識状態だ。

普段からもう少し映画を観たいなとは思っていたけど、仕事をしつつ家庭を持つ父でもある日常の中では、映画を観る感覚に意識をチューニングすることが難しいと感じていた。

でも、世の中から切り離された深夜なら行ける。

そして有り難いことに今の時代、TSUTAYAに行かなくともAmazonプライムビデオでその時の気分に合わせて映画をチョイスすることができる。

これは新しい感覚だ。

ちょっと憂鬱っぽく人間の業に触れるような感触の映画を観たいなと思って、テレビのホーム画面で「邦画」を選んでタイトルをスクロールさせていく。

園子温監督の「冷たい熱帯魚」 ちょっと暴力的すぎるかな…。

「蛇にピアス」 吉高由里子のヌード見たいだけだな…。

「空海」 興味はあるけど今はそっちじゃないな…。

本当にたくさんの映画が出てくる。(これが年(月ではない)3900円とは、AmazonはいずれTSUTAYAのマーケットも奪ってしまうだろう)

結局、適度に憂鬱そうな田口ランディ原作の「コンセント」を選んだ。

そこそこに面白かった。

奔放な女の性(エロス)精神療法(サイコ)、死、シャーマニズム、そういった記号がまだ神秘的な魅力を放っていた90年代後半だからこそ力を持った作品で、

そういうのを観ていると、今の時代はエロスやサイコ的なものが放つオーラや神秘が剥がされた後の時代なんだなということが良く分かる。

それらの記号をこれ見よがしに提示して来るのだけど、今を生きるこちらとしてはもうそれに大した驚きも反応もできないので、演出が上滑りしていくように感じられる。

でも、それと同時に「あぁ、90年代なら…」と、当時の感覚を思い出して懐かしい気持ちになる。

時代は流れているし人の意識は進化しているんだなと、そんなことを感じさせてくれた。
(あるいは単に僕が歳を取っただけか)

期せずして露わになった市川実和子の華奢な裸体の美しさにも、発作的に男を求める色情にも、畏怖するべき女の性も業も感じられずただの記号になってしまっていた。

あれから随分世の中は情報化したのだ。

かつては神秘をたたえ、空想するしか無かった世界の秘境もGoogleのストリートビューにキャシュされていくこの時代。

いったい僕らが目指すべき神秘や冒険はどこに行ってしまったのか?

秘境はどこに残っているのか?

そう問えば、みんなそれぞれにそれぞれが思う秘境に惹かれてそこを開拓しているんだなということがよくわかる。

僕にとってそれは記号としての『サイコ』なものの中にあるのでもなく、海外を旅することの中にあるのでもなく、女の子のスカートの奥にあるのでもなく、

言語化できていないものを言語化することで内的世界を耕していくことと、創造性を発揮して現実を作り変えるためにリスクを取ることの中にあるんだなって。

そんなことを改めて考えたり。

映画の主題とは全く関係ないことにあれやこれやと心を泳がす。

深夜2時の映画鑑賞はとても贅沢な時間でした。

なんにもない

medium_3488123225

それにしても何も無いな。春だからか。悪くはないけれど空っぽで。

心に動きが生まれず何かぽつねんとしている。

空っぽの頭の中で「なんにーもない、なんにーもない、全くなんにーもない♪」って、はじめ人間ギャートルズの終わりの歌が鳴るくらいにほんと全くなんにもなくて。

ああ、そういえばそんな歌があったなって。

夏休みの朝、アニメを立て続けに見た最後に「なんにーもない、なんにーもない♪」て、この曲が流れたら、子供ながらになんとも言えない虚無感に襲われたものだった。

いったい何というタイトルなんだろう?と思って『なんにもない 歌』で検索してみたら出てきた。

「やつらの足音のバラード」 唄 かまやつひろし

なんてかっこいいタイトルだよ。70年代テイストな言葉遣はやっぱり好きだな。

YouTubeでも出てきた。再生してみるとイントロの気怠い雰囲気に胸が締め付けられる。

ちゃんと聴くと歌詞も深い。虚空からの天地創造を描いてたとは、小学生の頃の自分には分からなかったよ。

しかし、これ良い曲だなぁ。

コードあるかな?と思って『やつらの足音のバラード コード』で検索したら出てきた。

ギター持って歌ってみたら、とても簡単で普通に歌える。

「なんにーもない、なんにーもない、まったくなんにーもない♪」

おお良いやん!って、ちょっとだけテンション上がって、

「生まれーた、生まれーた、何が生まれーた♪」

ほう。

で、ふと気付いたら深夜の3時に部屋で一人で「なんにーもない、なんにーもない♪」って歌ってる38歳の男(二児の父)がいて、

ほんと見事に空っぽで何も無いなぁ~、と感慨深く思ったわけです。

でも、この歳でこの時間に、この歌にチューニングできる自分は結構好きだなと。

そして、こんなに意味が希薄な時間を過ごすせることの豊かさを噛み締めたのでした。

それにしても、この歌詞の最後にやって来る『やつら』とは一体誰なのだろうか?

今を生きる僕らはやつらと対峙した後を生きているのだろうか? それともやつらと和解したのだろうか?

とか考えてたら、ああ、なるほど。やつらってそういうことか…と、一人納得したのだけど。

こんな時間にはじめ人間ギャートルズの終わりの歌の『やつら』についての気づきを受け止めてくれる人がいるはずもなく、でも僕はどちらかというとこのように無意味に漂った時間の方こそを誰かと共有したいと思うんですね。で、こんな文章を書いているわけです。

良い時間でしょ?(笑)

*******

「やつらの足音のバラード」

園山俊二作詞・かまやつひろし作曲

なんにもない なんにもない
まったく なんにもない
生まれた 生まれた 何が生まれた
星がひとつ 暗い宇宙に 生まれた

星には夜があり そして朝が訪れた
なんにもない 大地に ただ風が吹いてた

やがて大地に 草が生え 樹が生え
海には アンモナイトが 生まれた

雲が流れ 時が流れ 流れた
ブロントザウルスが 滅び
イグアノドンが 栄えた
なんにもない 大空に ただ雲が流れた

山が火を噴き 大地を 氷河が覆った
マンモスのからだを 長い毛が覆った

なんにもない 草原に かすかに
やつらの足音が聞こえた
地平線のかなたより マンモスの匂いとともに
やつらが やって来た
やって来た
やって来た

平日の昼に廃墟を見ながら昼ごはんを食べるということ

ふと冷静になって自分の姿を客観視してみると、なんとも異様なことをしているのだと気づいてゾッとすることが人生にはある。

個人の日常の営みの全てが、仕事、休み、食事、娯楽、と綺麗にカテゴライズされていくわけではない。どこにも入りきらずに境界を跨いだまま意味不明で横たわっている営みもある。

平日の昼休みに、PCモニターの廃墟の画像を眺めながら昼食を取るというのも、そんな営みの1つだろう。

いったい僕は何をしているのだろう(笑)

ちょっと疲れているのだろうか?

廃墟萌え。

 

ほら。この感じ。なんだろう。

名画を鑑賞する以上に、自分の中の深い何かにヒットする。

しーんと心が静まり返る。

この感覚を初めて自分以外の人の中に見つけたのは、梶井基次郎の「檸檬」の中の一節だった。

こんな一節がある。

~~~~~~

何故だかその頃私は見すぼらしくて美しいものに強くひきつけられたのを覚えている。風景にしても壊れかかった街だとか、その街にしてもよそよそしい表通りよりもどこか親しみのある、汚い洗濯物が干してあったりがらくたが転がしてあったりむさくるしい部屋が覗いていたりする裏通りが好きであった。雨や風が蝕んでやがて土に帰ってしまう、と言ったような趣きのある街で、土塀が崩れていたり家並が傾きかかっていたり――勢いのいいのは植物だけで、時とするとびっくりさせるような向日葵があったりカンナが咲いていたりする。

~~~「檸檬」梶井基次郎~~~

基次郎。あんたもか。

あんたもまあまあ病んでるな。

ほんの数十年前までは、ここには確かに人の営みがあり、賑わいがあり、誰かの思いがあり、何かが交わされていた。

それが今は痕跡だけになっている。静かに意識を合わせれば、当時の人の賑わいを感じ取れるような気もする。

栄枯盛衰。ここに写し出されているのは時の流れか、人の営みのはかなさか。

う~ん。たまらん。

とか思いながら昼食を食す(笑)

さて、あなたはどうだろうか?

あなたの中にも基次郎と同じ、惹きつけられる何かはあるだろうか?

よかったら、廃墟でも見ながら昼ごはん食べてくださいね。

【お勧めサイト】

「撮影した廃墟画像をだらだらと貼っていく」 http://hamusoku.com/archives/3912951.html 

「TEAM廃墟」
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/

でもくれぐれも長いは禁物ですよ。妙な感じになります(笑)

憂鬱

20110226_865818

最近思うのだけど、僕は憂鬱が好きなのだな。

人生が機能的に回りすぎると、無意識に憂鬱を取り入れようとしている自分に気づく。

人生のスパイスみたいなもので、ちょっと憂鬱が入ると人生に味わいを感じられるのだろう。

ちょうどスイカに塩をかけると甘さが引き立つとか、それに近い感じなのかもしれない。

というわけで、今日も憂鬱が欲しくなった。

ただ憂鬱にも当然、上質な憂鬱と、粗悪な憂鬱がある。

芸術がくれるのは上質な憂鬱で、

日曜日に目覚めたら「うわっ、もう夕方やん!」というのが粗悪な憂鬱(笑)

最近お気に入りは『バベル』や『21グラム』を撮ったイニャリトゥ監督の作品。

ほんと、胸糞悪くなるくらい憂鬱で、とんでもなくすばらしい映画を撮る。

文学というものも上質な憂鬱を取り入れるためにあるのではないか。

村上春樹の小説は、染み渡るような憂鬱を与えてくれる。

最近、思想家の吉本隆明が、文学を読むと「毒が回る」と表現していた。

本人も学生の頃、文学作品を読むようになって毒が回って覇気がなくなって青白い顔になっていったのだとか。

ほんとそう思う。

教養のために文学作品を読めなんていう人がいるけど、とんでもない。

文学なんて人生にとって毒でしかない。

人生に役立つより、人生を滞らせる事のほうがはるかに多い。

でも毒を飲んできた人間には、それとはっきりわかる魅力が備わるというのも事実で、

明るく朗らかなだけな人間を見ていると、もっと毒飲みなさい、と言いたくなる。

人生というものが、一直線に成功に向かっていくような退屈なものであってたまるものか!と。

なんかもうどうしようもないなこの人…と思うようなグダグダな女のだらしなさが卑猥で魅力的に見えたりするのも人生の一興。

だから人生を綺麗に整頓し過ぎて、退屈にしてしまわないように。

そう言いたくなる。

う~ん。

歳か…。

毒が回りすぎたか…。