月別アーカイブ: 2013年6月

矢口真里を全力で擁護せよ!

medium_110429537

矢口真里という人を僕はあまり知らないし特にファンでもなかったのだけど、あのニュースが流れてからというもの、俄然応援しております。

だって、あんな有名人に、あんなに圧倒的な下半身のスキャンダルって、そうそう無いから。

逆にもう、なんか気持ちが良いなと思って、「頑張れ~」と言いたくなります。

そうやって「頑張れー」と言うことを通じて僕は、自分の無意識に住む矢口真里的に奔放でエロい自分を救ってもいるのです。

イエス・キリストのあの有名なエピソードも確か、姦通の罪を犯した女に対するものでした。

罪深い女を咎める者達にイエスは

「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」と言いました。

この時、イエスが救ったのは、この女であると同時に、石を投げる者達の中に住むこの女と同質の弱さだったのでしょう。

そう石を投げなさんな、と僕も思います。

これは何も道徳の話をしているのではないのです。

投げた石は全部自分に戻ってきて、きっちりと自分を縛るのだから。そんな自虐的なことはしなさんな。と言ってるのです。自分を大切にしたらいいのにと言っているのです。

投げた石は必ず自分に戻ってきます。現実的にも無意識的にも。例外はありません。

例えば、ステージに立っている人に対して、「面白くないな。」「下手くそだな。」と批判しまくっていた学生時代の威勢の良い僕は、それから数年して、自分が人前に立った時、怒涛のごとく押し寄せる激しい緊張で身体の震えが収まりませんでした。

これまでに自分が放った石の全てが自分に返ってきたのですね。

無意識はそうなることを知っているから、自分はステージには立たないぞ!と脚光を浴びる場面から逃げようとします。

「自分は人前に立つタイプの人間ではないから…」と、そう言って謙虚を装ってはいますが、無意識は知っているのです。

これまでの人生で自分が放った石の全てが、自分に狙いをさだめて待っていることを。

そうやって人生の中から、ステージに立つという選択肢が消え、生きる世界が限定されていきます。

僕らはテレビやニュースや他人への反応を通じて、自分の無意識が今後住める世界を限定していくのです。

さて、矢口真里の話に戻りましょう。

彼女のニュースにどう反応するかを通じて僕らは、

一時の奔放な過ちが許されて、もう一度カムバックを許される世界か。

1つの過ちによって全てを失い、転げ落ちていく世界か。

自分の無意識が住むべき世界を選択しているのです。

だから僕は全力で前者の世界に賭けたいと思います。

火傷しても構うものか!戻って来い!と思います。あの子のどうしようもない性欲も奔放な好奇心も、全部まるっと愛してやりましょう。

これはなにも矢口真里を擁護しているのではないのです。

こうやって僕は自分の心が住む、安心と許しに満ちた世界を創造しているのです。

自分の心に自由を与えているのです。

 

つまりは温度なのです

medium_497840412

人間の生産性とか文化の成熟度って、個人の才能や頑張りや意志力とかももちろん重要だけど、乱暴に言ってしまうと、『気温』ですよね。

先進国と言われている国のほとんどが同じような緯度上にあることからわかるように、先進国的な思考や価値観が形成されるために最適な気温というものがあるように思う。

それ以上に寒くなると、人間はどうやら部屋に引きこもって小難しいことを考えたり、ウォッカを飲みながら長い小説を書きたくなるらしい。(ほんまか!)

そして、それ以上暑くなると、サンバでも踊るか路上でぼけ〜っとするか、ホンダ・カブに二人乗りしてひたすら風を切っていたくなるもののようだ。(ほんまか!)

最近流行ってる『スタンフォードの自分を変える教室』という本。原題は『The Willpower Instinct』つまり、「意志力の本能」

これは確かに意志力を使いこなすためのアイデアに満ちた、素晴らしい本なのだけど。

でも、意志力で何かしよう!そのために自分の習慣を見なおそう!なんてモチベーション自体がそもそも、先進国的気温によって支えられてるのであって、

暑い国の人はまずそんなこと考えないし、こんな本読まないのだと思う。

うん。つまりは気温なんだよ。

そういう意味では、気温をコントロールするということは、生産性や文化や価値観をコントロールすることとイコールなのかもしれない。

ということで、

今さっきクーラーを付けたことのに対する、壮大な言い訳でした(笑)

文化人類学的な言い訳。(反論しちゃダメ!)

あぁ涼しい。さあ、良い仕事するぞ。

訓練を介さない楽しみとは本質的に退屈なものだ

medium_5273740859

「あんた、そんな若い時期から冷めてたら、私くらいの歳になったら何の感動も感情もなくなるよ。何を読んでも、なんにも思わないんだから。」と言ったのは高校時代の国語の恩師。

当時僕は17歳で、先生は40代半ばだっただろうか。

歳を取ると感性や感情が摩耗していくんだと知って驚いた。

そして、最近になってそれを思い出すのは、僕も30代後半にさしかかり、その言葉を実感することが多くなってきたからだ。

感性や感情がすり減ったわけではなく、大概の事は経験を終えて飽きてしまったのだと思う。

まず映画やドラマなどのフィクションにほとんど興味を持てなくなった。

どんなに危機的状況だとしても、どうせ地球は救われるのだから、まあ、大丈夫だろうと。

次に物欲が無くなった。

街に出ていろんな目新しい商品を見ても、「へ〜」と思うだけで「欲しい!」とはならない。素晴らしい商品を持つことは素敵だけど、持たないことはそれ以上に爽やかだ。

本当に何も無くなったなぁと思う。

そんな歳になった今でも変わらず魅力的であるのは、仕事(つらいことも多いけど)や文章を書くこと(苦悩もするけど)や音楽の演奏(ひどいものだけど)くらいだ。

そして思い出すのは、次の言葉。

『訓練を介さない楽しみとは本質的に退屈なものだ。本質的に退屈でないものの楽しみとは、訓練によって得られる。』

村上春樹

ほんと真理だなと思う。

訓練を積んで、去年できなかったことができるようになり、表せる表現に幅が出てくる。

知識と経験を積むことで、若い時には見えなかった奥行きが見えてくる。

そうやって扱える世界を拡張して行かないと、歳とともに世界は味気なく縮小していくようだ。

急がねば。

人生に退屈しないために、去年見えなかったものを見るために、訓練を積まねば。