月別アーカイブ: 2013年8月

嬉し恥ずかし

先日のプレゼン練習会ビギナーコースでお話した3分間スピーチの内容ですが、僕が主催する会の理念に(少しだけ)関わる部分なので、文章にしておきたいと思います。

medium_260323975

僕が何かを主催したり、場や仕組みを作ったりするときにみなさんに提供したいものの1つとして、とても大切にしているものの1つとして、『嬉し恥ずかし』な感覚というのがあります。

これは実は随分昔から一貫してあります。

みなさんの今後の人生で、社会的な成功者になるかどうかは趣味の問題なのでどちらでも良いことだと思っていますが、

みなさんの今後の人生に『嬉し恥ずかし』があるかどうかは真剣に考えてみたほうが良いテーマだと、僕は勝手に思っています(笑)

個人的にはそれほど特別なものとして、『嬉し恥ずかし』はあります。

僕がそう思うに至った原風景は、高校1年の体育で経験したフォークダンスの授業にまでさかのぼります。

思春期まっただ中で、近くて遠い存在であり、ヒリヒリするような憧れであった『女子』と手を握って踊る。

その嬉しすぎて悶絶しそうがゆえに小っ恥ずかしいイベント。それがフォークダンスでした。

今思えば、そこにどんな教育的意図があったのかはわかりませんが、フォークダンスは公立高校の体育の授業に平然と組み込まれていたのです。(今もあるのかな?)

このフォークダンスというイベントを前にして多くの男子は「めんどくせぇなぁ~」とか「フォークダンスだるいなぁ」とか、かなり鋭角に斜に構えて見せることしかでしか、自分を制御することができませんでした。

そう。あまりに『嬉し恥ずかし』が過ぎたのです。

そして「めんどくせぇ~」とか言いながら、本番は心躍りすぎで抑えるのに四苦八苦で、手汗べっとりです(笑)

この感じ。

この時にあった『嬉し恥ずかし』な感覚こそが、生きることのきらめきではなかっただろうか? と気づいたのは、それから10年以上が経って、自分の人生からそれが完全に失われてしまった後のことでした。

そして失った後になって、この『嬉し恥ずかし』な感覚がどれほど日常に生命を与えていたのか、それを取り戻すことがどれほど難しいものなのかを知りました。

こういう感覚は、それを強制してくれる存在がなければ成り立たないものです。決して自分が望むだけでは不可能なのです。

嫌がっても斜に構えてもそれを強制してくれる体制側の人間が必要なのです。

だから、僕もいつか何かを主催したり仕組みを作る側に立つことがあるとしたら、この『嬉し恥ずかし』な感覚を提供することが主催者の善意だなと、そんなことを思っていました。

プレゼン練習会には時折、それが生まれます。昨日のプレゼン練習会ビギナーは『嬉し恥ずかし』が場をきらめかせていました(笑)

そして今年の暮れに開催しようとしている音楽フェス。

これは更に色濃く嬉し恥ずかしいのです(笑)もう考えただけで恥ずかしくてプルプルするけど、やっぱり嬉しいのです。

この感覚を生み出せること、体験できることを嬉しく思います。

プレゼン練習会後の食事会で音楽フェスの開催を提案してくださったお二人、そしてそれにキラキラしながら乗って来てくださった皆さん。ありがとうございます。年末に向けての個人練習も含めて楽しい時間にしましょう。

『嬉し恥ずかし』は人の心の奥底をキラキラさせ人生を活性化するとともに、その人の設定している限界を広げてくれます。

終わった後に、清々しいやり切った感と、自分の違った側面に出会えていたらいいですね。

ソーシャル・メディアが内在化させるもの

Twitterによって、アルバイト店員による悪ふざけ写真が相次いで晒されて炎上しているのだとか。

店の冷蔵庫に入っていたかと思うと、今度はピザ生地を顔にはりつけて炎上だそうな。

一見、個人的で内輪なメディアでありながら、全世界に開かれたマスメディアでもあるという、Twitterの持つ両義的な性質に学生の感性が付いて行けてないってことだと思うな。

medium_420604426

決して良いことではないけど、学生の何割かは、悪友が見てると思うと悪ふざけをしたくなる生きものだよ。

そこにピザがあれば顔に貼るし、そこに冷蔵庫があれば入るのが彼らだ(笑)

Twitterは悪友の視線を内在化させて持ち運べるようにした。そして悪いことにそれはマスメディアでもあった。

それだけのことだと思うな。

最近はいろんなメディアが次々に無料で使えるようになるから、使い手の感性が追いつかない。これは正直、大人でも苦労しますよね。

そのメディアを使うかどうかは、そのメディアによって自分の中にどんな視点が内在化するようになるのか、そしてその視点によって豊かになるのか、面白くなるのか、どんな効用があるのか、それを基準に決めたら良いと思う。

メディアが内面にもたらす視点によって、顔にピザを貼りたくなることもあれば、学んで成長したくなることもあるのだから。

死は生の対極にあるのではなく…。

medium_1093285535

最近よく「自分はいつか死ぬんだな」と、死ぬ時のことを想像します。

別に死にたいわけではなく、むしろ逆で、今が楽しくて人生を愛していて、そして自分が死んだら悲しむ人達が増えてきた気がするから(それはとても豊かなことだ)

だから、自分が死にゆく時、自分の死にどのような肯定的な意味を与えてあげられるか、前もって考えようとしてるのだと思います。

最近、身内を亡くした方のお話を伺う機会が何度かありました。

そして、そのどれにも「美しいなぁ」という感想を持ちました。

死というものが見せる生の美しさと神聖さに心打たれたのです。

それは身内の方も同じだったようで、もちろんこれまで当たり前に存在していた肉親に会えなくなる淋しさや悲しさは大きいけれど、

家族が死によって苦しみから開放されたこと、生身の存在ではなく象徴的な存在へと姿を変えたこと、

そして、長い人生を死によってあっけなくピリオドを打つ生の潔さ、それに触れて敬虔な感動を覚えている様子でした。

そして私も、死ぬ時は周りの人にそのように思って欲しいと思いました。

周りの人が泣き笑いするような、「見事に逝ったなぁ」と、死を祝福してもらえるような、そして生き残った人が、自分の生かされている人生の美しさと愛おしさに思いを馳せるような、そんな肯定的なものとして死を迎えたい。

そして、そうなるように今を生きたい。

ここへ来て、ジョブズの言葉を思い出します。

「だれも死を望む人はいません ~中略~ それでも死は生における最高の発明品なのです。」

あるいは村上春樹の言葉。

「死は生の対極ではなく、その一部として存在している。」

私が思うのは、ジョブズが使った文脈ではなく、村上春樹が書いた意味でもないのだけど、それでもこれらの言葉が今の私にとても印象深く示唆を与えてくれています。

死というものを生の対極ではなく、生の一部として含めることではじめて、生は作品としての美学を全うできるのではないか。

映画や小説が作品として意味を固定するために『終わり』を必要とするように、死こそが生の意味と輝きを支えている。

生きることの終わりとして死があるのではなく、やがて来る死を終幕として意識した上に今を生き、死によって生の意味を総括できるように日々選択すること。

人生を作品とするために、死を忌避するのではなく必要とすること。

これが成熟した人間としての美学ではないかと思いました。

逆に死というものを恐れ、死を回避しようとする努力の多くが問題を創りだしているようにも思えます。

上手く死にきれず生をこじらせたことが、その人の尊厳と偉大さと物語を希薄にして、生き残された人達の中に残っていたその人の記憶や物語を汚してしまう。

また、長期化する介護によって、今を色濃く生きて多くの経験をするべき家族の人生の時間をも侵食してしまう。

もちろん侵食される側もそれはそれで、介護という現実に意味を見出し、作品に昇華することは可能だけれど。

これは死にゆく者の美学の問題なのです。

私は死から逃れるように生きるのではなく、迎え入れるように生きて行きたいと思います。

「やあ、こんにちは。いよいよその時が来たんだね。待っていたよ。」って(笑)

友達を迎え入れるように死を受け入れたい。

それは今を納得しながら、一つ一つ丁寧に生きるということですね。