月別アーカイブ: 2015年7月

少年Aの「絶歌」出版について思うこと 〜被害者と加害者の絆について〜

31jOgxQ6TgL._SX344_BO1,204,203,200_

神戸児童殺傷事件の少年Aが本を出版したことが物議を醸しています。

彼にしか書けないのだから出版には大きな意義があるという意見や、遺族への配慮が成さすぎるという意見や、表現の自由は守られるべき…。少年法の陰に隠れて匿名で印税を稼ぐのは卑怯、などなど。

それらの意見はそれぞれの立場において一定の正しさがあると私は思います。

だから、改めて1つの立場を選んでその議論に参加しようという意図は無いのですが、心理療法家として遺族の癒やしという面から、言っておきたいことがあります。

私が心理療法を学ぶ中で最近最も驚いた法則は、

自分の家族の誰かが殺された場合、その家族を殺した加害者は、自分の家族の一員として迎え入れられることになる…、というものです。

なぜ加害者が被害者家族の一員にならないといけないんだ!?と思うのだけど、どうやらそれが法則のようなのです…。

殺害によって生じた空白は何かが埋めねばならず、それは心理的に加害者を家族の一員に迎え入れることでなされるのです。

殺人によって破壊された家族の痛みは、加害者との絆によってしか本質的には癒されえないのです。

だからこの神戸児童殺傷事件の、2人の被害者の両方の遺族が20年近い歳月をかけて、

共に少年Aの更生を願うようになり、

彼のこれからの人生を、まるで親心のように大切に思えるようになっていったことは、癒しのプロセスが正常に働いている証拠でした。

それだけに、今回のことは残念でなりません。

本の出版に関して、言論の自由がどうとか、それはまた別の話です。

長い歳月をかけて進めてきた癒しのプロセスと絆を、もう一度改めて破壊した「暴力」が問題なのです。

ここはできることならば2,3発ぶん殴ってやるべきところですね。

「馬鹿者が!」って、「この親心が分からんのか! もうどうしたってお前は俺の息子なんだ!」って。

なんならボッコボコに。

変な話ですが、癒やしの方向はそっちなんですね。

今回のことで親心は踏みにじられたのです。

多くの子供が思春期にやるように、親心は裏切られたのです。

でもそこで改めて怒り心頭となり、ぶつかり合うことでこの経験は糧となり、親子の絆はむき出しになり、そして深まるのです。

どうしようもないバカ息子と、その更生を願う親との絆が、深まるのです。

裏切られたと傷つくのではなく、愛ゆえに怒りぶつかって行く。

本当に変な話ですが、癒しの方向はそっちなんですね。

マッドマックス 怒りのデスロード

a8052190

ずっと気になっていた映画「マッドマックス 怒りのデスロード」を観てきた。

素晴らしかった。

本当にMADで脳幹のみで観る映画だった(笑)

30年前の映画「マッドマックス3」からの続編ということで、アラフォー世代には懐かしくてたまらない。

あの当時は映画が今よりずっとキラキラしていて、

小学生だった僕らはジャッキー・チェンの映画見ては家でカンフーの練習をしていた(笑)そんな時代の映画が持ってた真っ直ぐな興奮が、この映画にはあった。

これを70歳の監督が撮ったんだから驚く。

mad

昔の監督のアクションシーンって古臭くてもたもたしてて観てられないのだけど、マッドマックスのアクションは斬新でアイデアに溢れていて、驚きの連続だった。

映画館を出て何が残ったのかと感じてみると、「生きるか死ぬか」とか、「戦って生き残る」とか、そういうモードを自分の無意識に体験させることは何かを活性化せるということ。

映画館から出て梅田の街を歩く人を見て、その世界観の落差に愕然としたもん(笑)

お前ら、そんな軟弱な感じで生き残れるのかよ? 大丈夫か?と。(お前が大丈夫か!)

僕もギターから火吹くくらい熱く生きよっと。

今の時代でも身体と筋力と男気を使って何かを成せないものか。

そんなことを空っぽの頭で思った。

それにしても、子供を育てるようになってからは映画の中の暴力シーンが、痛くて受け付けなくなっていたのだけど、マッドマックスは嫌な気がしなかったな。

あれはなぜだろう。

誰も人間に見えなかったからかな(笑)