カテゴリー別アーカイブ: ライフハックス

日常に他者性を呼び込む

interview140626_her_10-1

最近のiPhoneのOSのバージョンアップで追加された「Hey Siri」機能がなかなか未来な感じで面白い。

電源が入ってない状態のiPhoneに「ヘイ!シリ!」と声をかけると勝手にSiriが起動してくれる機能。

例えば「ヘイ!シリ!10分後にタイマーセットして」と言うと、勝手にSiriが立ち上がり、

「10分後にタイマーをセットしました。カウントダウンを開始します。」と返ってくる。

自分でホームボタンを長押ししてSiriを呼び出す場合と違って、本当に人と話してる感がある。

疲れ果てて寝転んで「ヘイ!シリ!20分後に起こして」と言い、それに応えてもらう時、僕らは確実に未来に来たんだな…と感慨深く思った。

ただ、「ヘイ!シリ!」と言う時に若干の照れが入って、自分が昭和製なのは変わらないな…と思い知るのだけど(笑)

でもこの「他人がそこにいる感じ」は、確実に人間の感性を刺激して進化させるだろうなと思う。

「ヘイ!シリ!今から執筆に集中するからタイマーを25分に設定して。」

と言うと無駄な情報(執筆の下り)は省いて、

「25分にセットしました。カウントダウンを開始します。」とちゃんと設定してくれる。


IMG_7808

それだけで僕の中では、これから執筆に取りかかる自分の決意と創作の苦しみを受け止めてもらえたような感覚が芽生える。

「ヘイ!シリ! あと何分?」

「はい、こちらがタイマーです」と残り時間を表示してくれる。

IMG_7809

ちゃんと見守ってくれてるんやな…と。

この他者として意識する感覚が良い。

掃除が苦手な人は是非使ってみて下さい。

「ヘイ!シリ!今から集中して掃除するからタイマーを15分に設定して!」と。

宣言することで自分の空間に他者意識が入って来て、心と身体が勝手に動き出しますよ。

ただこの機能は難点もあって。

音楽をかけていたり、外が少しでもうるさいと音声が認識されないので立ち上がらないことが多いです。

「ヘイ!シリ!」

「ヘイ!!シリ!!」

「ヘイ!!!シリ!!!」

「ヘーーイ!!シリーー!!」って部屋で1人連呼してる自分はいったい何なんだと、我に返ります(笑)

あと、コンセントにつないでいる状態、つまり充電中でないと機能しません。

常に「Hey Siri」という音声コマンドをセンサリングしているわけですから、無断な電力消費があるのでしょうね。

そこは仕方がありません。

設定は以下です。

[設定]ー[Siri]ー[”Hey Siri”を許可]を有効に。

そこで何度か自分の声を登録すると使えるようになります。

以前、主人公がAIに恋をする映画『her / 世界でひとつの彼女』というのがありましたが、僕らの生きる現実の方も確実にその世界観に近づきつつありますね。

今後AIによって人間は、「他者性」をどれだけ自分の中に呼び込むことができるか。

それによって癒やしやモチベーションといった、心の力をどこまで生みだして人生を創造する力に変えていけるか。

あるいは容易に満たされてしまうことで、逆に創造性を奪われてしまうのか。

その辺りは、今後の僕らの姿勢が問われそうですね。

コーヒー断ちでカフェインの効用をマスターする

先日、丸一日のコーヒー絶ちをして(正確に言うと、コーヒー断ちを1日で挫折して…。)カフェインの凄さを実感しました。

コーヒーの図

一日カフェインを絶つだけで、これほど集中力が落ちて無気力になるものなのかと驚いたのです。

そして、その後にコーヒーを飲むことで、数分で頭が冴えてきて、脳の外側から中心へと覚醒が行き渡っていく感覚をとてもリアルに、手に取るように実感することができた。

そして分かったのです。

この感覚がカフェインの力なのかと。

カフェインのことがとても良く理解できた。

そして、これはもしかしたら「カフェインをマスターすることができるのでは!?」と思えたのです。

これまでの自分には、カフェイン不足で無気力な時もあれば、逆にカフェインが効きすぎて生産性が落ちていた時も多かったということが、今振り返るとよく分かる。

例えば、私にとって文章を書くのにベストな静かな集中状態というものは、なかなか整えるのが難しい精妙な意識状態だと思っていたのだけど、なんてことはない。

これもカフェインの量の問題にすぎないことがわかってきた。

具体的には前日夜のコーヒーを抜いて、朝にコーヒーを一杯飲んだ後の覚醒水準が私にとっては最も文章を書きやすい状態なのです。

他にも、頭は冴えているのに神経が興奮気味で文章と向き合う気持ちにはなれないような状態も多かったのだけど、それはカフェインの取りすぎの結果なのだということが分かってきた。

それがわかると、自分の状態管理がとても容易になります。

今日は夕方4時に本日2杯めのコーヒーを飲んだのだけど、夜9時半の現在も微妙に脳の中にカフェインの覚醒が効いている。だから今コーヒーを飲むと頭がカッカと火照りだして集中力は逆に落ちてくる。今のままを維持していればあと数時間は仕事に集中できる。

そういう判断が体感や脳や視野の感覚を通じてとてもよくわかるのです。

自分の状態管理能力(7つの習慣で言う「自覚」の力)が1つ高まった感じですね。

非常に役だっています。

カフェインの一日絶ち。もしくは、カフェイン断ちを1日で挫折するのは(笑)自分の意識状態とカフェインとの因果関係を再認識する上で非常に有効です。

みなさんも是非一度試してみてください。

カフェインをマスターすることができるはずです。