カテゴリー別アーカイブ: スキルアップ

ここではない何処かへ行くためのツール

最近の執筆活動の中で随分助けられていて、無くてはならない存在になりつつあるのがこの本。

FullSizeRender (50)

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

モーツァルト、フロイト、カフカ、トーマス・マン、ピカソ、サルトル、アシモフ、ナボコフ、イエーツ、フェリーニ、マルクス、サティ、などなど。

歴史に残る小説家や画家、作曲家、映画監督など、161人の創作のための習慣ばかりをピックアップした本。

1人につき2、3ページで紹介されている。

読んでみると分かるけど、朝型の人もいれば夜型の人もいる。

立って書く人も入れば、完全にベッドに横になって器用に書いていた人(カポーティ)もいる。

散歩を習慣にする人が多いが、酒や煙草で健康を蝕みながら書いていた人(J・P・サルトルなど)もいる。

***

最近なぜか朝型人間になっている私は、目が覚めると朝日の入る部屋で机に向かい、バロックミュージックを流して、まずはこの本を手に取るようにしている。(文章にすると、なんだかとてつもなくカッコ付けてる感があるが…(笑))

ペラペラとページをめくりながら何人かの創作習慣を読んでいるうちに、自然に文章を書く気分になってくる。

偉人達の創作現場で繰り広げられたであろう、決して派手ではない日々の時間に想像力を広げていると、自分の日々のルーティンと向き合うことがそれほど嫌ではなくなってくる。

そうやって本を読んだ後に入っていく集中モードがある種独特で、日本的な集合意識からするりと抜け出したような軽さがあって、とても気に入っている。

意識が自由で、言葉が流れやすくなるのだ。

だから、常にデスクの上にこの本を置いて、疲れたらパラパラと読むようにしている。

こうやって自分の状態管理をしているわけだ。

このようにある特定の意識状態にチューニングして、いつでもその想念世界を呼び出すせるようにするには、

いくつかの要素を固定することがポイントになる。

まず1つは場所。

どこで仕事をするかによって、そこで受ける氣の質が固定される。

方角、窓や太陽との位置関係。それらによって微妙に感覚が変わる。

試しにいろんな場所で仕事をしてみると、この仕事はこの場所が合う、というような特徴が分かってくるものだ。

そして固定するべきもう1つの要素が時刻。

午前中には午前中、夜には夜にうってつけの仕事がある。

そして同じ午前中でも細かく感じてみると、微妙に違う。

例えば私にとって掃除は、朝の氣の中でやると宇宙と調和したような正解感があるが、それは早朝ではない。

9時~12時くらいがぴったり来る。

それ以上早い時間は身体を動かすよりも、意識を静かに内向させるような静謐な空気感がある。それは創作のためのものだ。

外側の世界がその時に発している氣の質と、自分の仕事を調和させると、かなり深い(こういう言い方が許されるならば「スピリチュアルな」)充足が得られる。

仕事をすることで体力は消耗するのだが、気持ちは充足する。

そしてもう1つ使えるツールが音楽。

その時に必要な想念世界に意識をチューニングするのに、音楽はお手軽かつパワフルなツールだ。

アーティストによって召喚できる世界の波長が違うので、自分に今必要な波長を持ったアーティストを選んで意識を調整することができる。

更にもう1つが、先に上げたように「本」だ。

『天才たちの日課』を読んで海外の偉人の習慣に触れることで、日本の集合意識から抜けだして、偉人達の創作の世界に意識を結んだように、

本から得られる世界観と氣を借りることができる。

そうすると、独特のリズムを持った言葉が流れてくるし、書くことを通じてその世界の氣質を文章に反映させて、それを読者に届けることができる。

妙なこと言っているように聞こえるかもしれないが、そのような人生の作り方もあるのだ。

場所、時刻、音楽、本、などを使って氣と想念世界をコラージュのように織りなすことで、独自の意識場を作り、その中で仕事をする。

そうすると、その場の感覚がやがて形になって現実生活に立ち現れる。

大切なのはある独特なフィーリングを長期的に保ち続けるための方法とツールを持つこと。

ここではないどこかへと行くためのツールだ。

あなたはどうだろうか。

あなたが内的に静かに研ぎ澄まされて充足するような、特別なフィーリングに入っていくには、

どこで、どんな時間に、どのような音楽が合っていて、そしてどのような本がその世界に招待してくれているのだろうか。

先人達の偉大な作品が、様々な想念世界への門を開いていてくれる。

そしてあなたが望めば、その世界に行ってそこの氣を受けて仕事をすることができる。

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

この本は本当に清々しいほどにクリエイティブな氣を発する本なので、文章を書く人やなにかしらの創作の習慣を作りたいと思う人にはお勧めします。

良質な集中力を持続させるための食事の管理

ん? 最近なんかお腹ゆるいな…、下痢? 特に変なもの食べてないのにな…。と思っていたのだけど、気づいた。

最近お気に入りのこの有機シリアル。

FullSizeRender (48)

よく見ると、High Fiberと書いている…。

FullSizeRender (49)

食物繊維たっぷり?

よく見ると裏面にちゃんと書いてある。

☆一度に大量を食べ過ぎると、一時的にお腹がゆるくなることがありますのでご注意ください。

「お、おう…。」ってなった(笑)

でも、このシリアルが最近の僕のお気に入りで、僕の今のパフォーマンスを支えている秘密なのです。

ちょっと、文体が変わるけど違った角度から書きますね。

*******

最近の僕の関心事は、いかにして良質な集中力を長く持続させるか?という点。

それは言い換えると、いかに良質な休息を取るか?ということでもある。

そこで行き着いた1つの方法が、休息やエネルギー管理についての著作を持つトニー・シュワルツの提供する方法。

3時間おきにお腹に何かを入れることで、血糖値を保ち続けるという方法だ。

通常の朝昼晩の3食だと、途中で血糖値が下がり疲労してくる。

そこで食事を摂ると今度は血糖値が上昇しすぎて、それを落とすためにインスリンが分泌されて身体に必要以上の負担を強いることになる。

食事によって余計に疲れる。

そして一日3食だと一度の食事量が多くなるために、どうしても胃に負担がかかり、消化中は副交感神経が優位になり(眠くなり)エネルギーが著しく低下することとなる。

だから、大切なのは理想的な間食を取ること。

そこで朝昼晩の1日3食から5食に増やして一回の食事量を減らすような食事スタイルに変えたいなと前々から思っていたし、実際にそれらしいことをやったこともあった。

そうすると確かに意識が明晰で良い感じがする。

でも、続かない。

なぜか?

面倒くさいのだ。

1日5回も食事の準備をすることは非常に面倒くさい。

そこでコンビニのおにぎりやパンなどを利用するのだが、それらは単なる糖質に過ぎず、身体に良いことしているのか悪いことをしているのか良くわからない。

もっと明らかに身体に良くて栄養があって、手軽な間食はないだろうか?と探し求めて、そして辿り着いたのが先に挙げたシリアルだ。

ナッツやシード(種)やドライフルーツなど天然のものだけでできていて、砂糖などを一切加えていないので、普通のシリアルのようなお菓子感が無い。

ドライフルーツのほのかな甘さで天然のもの特有の深い味わいがあって美味しい。

そして嬉しいのが、適度な歯ごたえがあるために仕事の途中に食べるとムシャムシャ噛むことでストレス解消ができて、食べてる感があることだ。(僕は頭を使うと無性に何か固いものを噛みたくなる)

更に、ちゃんと胃に食べ物が入ってきた手応えもあるので空腹が満たされて腹保ちも良い。

また、種やナッツはGI値が低いので、一気に血糖値を急上昇させずにゆっくりと上げてくれる。

これが身体に優しい。

僕の感覚ではこの血糖値の急上昇を抑えることが、集中力の持続のコツであるように感じている。

そして、「今、自分は身体に良い物を食べてるんだな~」という満足感もある(ここ重要(笑))

更には、便秘の方には便秘の解消にも効果がある。

朝と夕方にこれを食べるようにして以来、そして小腹がすいた時に食べるようにして以来、体調もすこぶる良いし、意識も明晰に保てている。

物事をやり抜こうとする粘りのようなものも出てきたように思う。

今も机の横にこの袋が置いてあって、小腹がすいたらムシャムシャ食べている。

その分、おやつを食べることが無くなったのもありがたい。

僕は食後に何か甘いモノを口に入れたくなるのだけど、食後にこのシリアルを1掴み食べると甘いものの欲求も満たしてくれるようだ。

おかげでお菓子類の一切を止めることができた。

僕のクライアントさんには過酷なオフィスワークで疲労困憊している方が多いが、

頭脳労働されている方で夕方以降に頭の働きが悪くなる方や、疲れが抜けなくなってる方は、

このシリアルを机の側に置いて、小腹が空いたら時折ムシャムシャ食べることを強く(本当に強く)お勧めします。

その分、昼食や夕食の量は抑えましょう。

そして水をこまめに飲みましょう。

それだけでかなり長い時間集中力が続くようになり、頭脳も明晰になるのでお勧めします。


エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g

もう1つ違った種類のもあります。

エルサンクジャポン 有機シリアルビオミューズリープレミアム 480g

こちらは食物繊維推しではないです。

アマゾンのレビューを見ると、高倉健さんがテレビで「80歳になっても活躍できる健康の秘訣は?」と聞かれて、「朝のシリアル」と答えたそうで、その時、食卓にあったのがこのシリアルだったとか。

はい。僕らも80歳まで頑張りましょう。

追記:このシリアル。本当に美味しいし、この記事を書いてから、「買った食べました。本当に美味しいですね!」というような声を何人かから頂きました。

ただ、食べていて残りの2割くらいになると、ドライフルーツが無くなって、味気ないものになります。うさぎの餌みたいです(笑)

ですので、新しいものと上手に混ぜて配分を良くするか。

あるいは、甘さのある他のシリアルと混ぜて食べるようにしてくださいね。

最近の僕は、朝、昼、夕、夜中と全部これにして、夕食だけ普通にご飯を食べるようにしました。

そうすると本当に疲れなくて、夜でもまだ気力が漲っています。

仕事の生産性も著しく上がりました。おすすめです。

追記2:おやつをこれに変えてから、かなり痩せました。ダイエット効果にも良いですね。

おやつを食べたくなったらこれを食べる。甘いモノを取りたくなったらこれを食べる。それだけで我慢すること無く痩せます。

あと、うさぎの餌のようになるのを避けるためには、大きなスプーンでナッツとドライフルーツをバランス良くすくうようにすると、最後までうさぎの餌になることなく美味しいです。

身体の経験値と内臓の言葉

medium_7579008108

個人的メモ

******

身体の経験値を積まないとダメだな。

身体が何かを体験して、その結果なにか捉えようのない体感が生まれるが、それはまだ言語化されていない。

それをあえて言語化する試み。そこに言葉の力が宿るのであって、最初から言語を通じて入ってきた情報を頭の中でこねくり回して編集し直して、また言語で出力されたような脳だけの創作物は、世の中を創る上でも影響力の上でも非常に弱い。

******

初期の村上龍の言葉が持っていた迫力も、岡村靖幸の楽曲のアレンジやグルーヴ感にも共通しているのは身体感覚。もっと言うと内臓感覚というくらいに生々しいもの。結局僕はそれが好きなんだな。

******

身体の経験という意味で、退屈なエアロバイクを漕ぐなんて、もしかしたら自分の潜在力を奪うだけで、一番やってはいけないことをしていたのではないか? これは仮説だけど。

自分の足で大地を蹴って歩くことで景色を動かすこと。旅。味わったことのない身体の経験。身体の巧みさ。ダンス。そういうところから心身と頭脳のポテンシャルを高める方法をもう一度模索していこう。

******

岡村靖幸は自身がダンスをかなりのレベルまで極めている。その身体知性を持ってソングライティングからアレンジまでする。その意味は思っている以上に大きいのではないか。


↑岡村靖幸の異様なグルーブ感とポップすぎる言語センス

******

そして釈迦の苦行。「苦行では悟れない、真理は中道にあり!」と悟ったと言われているが、それは王族としての豊かさと、修行での苦行という両極を嫌というほど身体の神経系に刻み込んだ後の悟りであって、最初からの「中道」を知識として理解したのでは、単にぼんやりした人しか生まないのではないか?

******

つまり知識としての真理を理解することではなく、身体経験として中道という真理を悟ること。

ヨガ行者の成瀬雅春さんが「結局、人は身体からしか悟りに到達しない」という意味のことを言っていたが、その真意はこの辺りにあるのではないか。

******

「人生が退屈だとしたら、それはあなたの身体の使い方が退屈なのだ」これはジェームス・スキナーか(笑)

******

「人間の神経系の発達を通じてスピリットは目覚めようとしている」スティーブ・ギリガン これもそうか。

TEDとの距離

今日の夜はプロジェクターを使ったプレゼン練習会だ。

プレゼンターの皆にメールすると、夜中に「今作ってます」とか「今から作ります」と返事が来たけど。大丈夫だろうか(笑)

かく言う私もパワポを使うのは初めてで、結局夜中4時まで作っていた。

初めてスライドを創ってみてわかったのだが、言葉だけでスピーチをすることと、パワーポイントの絵や文字で表現することは、随分と違った作業で、使う脳も違う。

まるで小説を書くことと、映画監督をすることくらいに違う。

でも、文字だけではなく写真や色を使うことによって、見る人の生理にまで影響を及ぼせるこの表現方法の可能性の大きさに興奮もしたし、

同時に自分に足りてないものの大きさにも気付かされた。

表現の自由度が上がると、それだけ自分のコンテンツ力の薄さが明らかになる。

こうして自分で作ってみて、ようやく世界最高峰のプレゼンであるTEDの凄さがわかった気がした。

産みの苦しみの中に入って自分で発想して組み立てることで、TEDと自分とを隔てる圧倒的な距離をしっかりと実感できた。

でも、これはとても嬉しいことだ。

距離さえわかれば、無意識は勝手にそこを埋めようと進み始める。実はもう既にそうやって動き出している自分を実感している。

だから、遠いけどとてもわくわくしている。

と同時にとても清々しい気分だ。どうあがいてもこれが現在の自分なんだと、創ってあがいてようやくそれを受け入れられた。

現在点を受け入れたら進み出すことができる。

ここからがスタートだ。

新しい表現方法を得ることで始めて人は新しい引き出しを準備して、必要な情報をストックし始める。

この写真は使えるな。このフォントの使い方印象的だな。こういう図解はわかりやすいな。

と、インプットする意識が変わってくる。

頭の中で組み立てる内容が変わってくる。

そういう変化がもう自分の中で始まっている気がする。

表現方法の質が、インプットの質を変え、内面を変え、感性を刷新するのだ。

今後が楽しみ。

ひとまず今日の練習会は、赤裸々に自分の現在点を示してこようと思う。

刃を研ぎ、種を撒き続ける

先月から、主催のワークショップで自己啓発書の名著『7つの習慣』をテキストに取り上げ、自分の仕事や人生を見つめ直すことに皆で取り組んでいます。

これをきっかけに、私も改めて自身の仕事の生産性やパフォーマンスを高めるための取り組みをはじめました。

習慣形成の3つの輪(知識ースキルーやる気)をそれぞれに拡大して螺旋状に成長させていくと、パラダイムシフトが起こって、違う高みへと進んでいける、というような話を受けて、今それに取り組んでいるのです。

実際にやっている仕事そのものはとても地味なのですが、その地味な作業の継続によって螺旋状に高まって、いつかは世界にインパクトを残せるような大きな仕事ができればいいなと、そんなことを思っています。

そして今は幾つもの新しいプロジェクトをスタートさせながら「結果を見守る」というようなこともやっています。

ひとまずたくさんの種類の種を撒いてみて、元気に芽が出るものは鉢に植え変えてやる。芽が出ないものは捨てる。そしていくつもの鉢植えに同時進行で水をやりながら、さらに元気に育ち自分に使命感を感じるものはしっかりとコミットしてヴィジョンと志を掲げる。

そんな感じの仕事の仕方です。

そうやって複数のプロジェクトを同時に進行させるのはスケジューリングが難しいなと思っていたら、AKB48の秋元康氏はなんと常時100くらいのプロジェクトを同時進行させているそうです。

『AKB48』という成功も、数100の種を撒いたうちの大きく育った1つなのですね。決して最初からそれだけにエネルギーを投資していたわけではない。

種を撒き続けることが大切ということですね。

頭の中であれやこれや先をシュミレートしても時間の無駄で、とっとと世の中にそれを問えばいい。つまり行動して種を植える。あとは市場が判断してくれる。

スピードの早い今の時代は、綿密に市場調査したり戦略を立てるより、種を撒きつつ、育つのを見守りつつ、その局面に応じて戦略を練っていくほうが面白いしリスクが少ない。

ということで、自分の知力、体力、生産性、表現力。それらを日々どんどん高めて、面白い企画やプロジェクトをどんどん形にして行ける大人でありたいですね。

私の勉強会のメンバーの皆さんには、そうあって欲しいと思っています。

たくさん学んで、お互い高めて行きましょう