刃を研ぎ、種を撒き続ける

先月から、主催のワークショップで自己啓発書の名著『7つの習慣』をテキストに取り上げ、自分の仕事や人生を見つめ直すことに皆で取り組んでいます。

これをきっかけに、私も改めて自身の仕事の生産性やパフォーマンスを高めるための取り組みをはじめました。

習慣形成の3つの輪(知識ースキルーやる気)をそれぞれに拡大して螺旋状に成長させていくと、パラダイムシフトが起こって、違う高みへと進んでいける、というような話を受けて、今それに取り組んでいるのです。

実際にやっている仕事そのものはとても地味なのですが、その地味な作業の継続によって螺旋状に高まって、いつかは世界にインパクトを残せるような大きな仕事ができればいいなと、そんなことを思っています。

そして今は幾つもの新しいプロジェクトをスタートさせながら「結果を見守る」というようなこともやっています。

ひとまずたくさんの種類の種を撒いてみて、元気に芽が出るものは鉢に植え変えてやる。芽が出ないものは捨てる。そしていくつもの鉢植えに同時進行で水をやりながら、さらに元気に育ち自分に使命感を感じるものはしっかりとコミットしてヴィジョンと志を掲げる。

そんな感じの仕事の仕方です。

そうやって複数のプロジェクトを同時に進行させるのはスケジューリングが難しいなと思っていたら、AKB48の秋元康氏はなんと常時100くらいのプロジェクトを同時進行させているそうです。

『AKB48』という成功も、数100の種を撒いたうちの大きく育った1つなのですね。決して最初からそれだけにエネルギーを投資していたわけではない。

種を撒き続けることが大切ということですね。

頭の中であれやこれや先をシュミレートしても時間の無駄で、とっとと世の中にそれを問えばいい。つまり行動して種を植える。あとは市場が判断してくれる。

スピードの早い今の時代は、綿密に市場調査したり戦略を立てるより、種を撒きつつ、育つのを見守りつつ、その局面に応じて戦略を練っていくほうが面白いしリスクが少ない。

ということで、自分の知力、体力、生産性、表現力。それらを日々どんどん高めて、面白い企画やプロジェクトをどんどん形にして行ける大人でありたいですね。

私の勉強会のメンバーの皆さんには、そうあって欲しいと思っています。

たくさん学んで、お互い高めて行きましょう

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です