ブログをリニューアルしています

頼ることを通じて与えているもの

medium_6318029041 妻が子供達を連れて先に実家に帰っているので、僕は昨日から1人で大阪に残っている。 普段ガチャガチャとうるさい子供達が今日はいない。それが淋しくもあり、快適でもある。 子供達がいなくなってみると、あの子達に頼られていることが、どれほど僕を力付けてくれているのかがよく分かる。どれほど日々の営みに意味を与えてくれているのかがよく分かる。 子供達が僕にそうしているように、誰かを頼るということは、その人に力を与えることでもあるのだ。その人に存在理由を与えることでもあるのだ。 自分が「無力」であることを恐れさえしなければ、恥じさえしなければ、その「無力」によって誰かに何かを与えることができる。助けることができる。 「無力」を使うということ。 それは誰もが平等に与えられている、尊い力なのだ。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です