ブログをリニューアルしています

故郷探索-3月28日

3月の桜咲く前のこの時期に、自然に触れて英気を養うべく、実家がある兵庫県の相生市に一人で帰省した。

一人で実家に帰るようになって気づいたのだけど、電車で2時間程度で行ける田舎町に実家があっていつでも好きなときに帰れるというのは、ちょっとした別荘を持つよりも豊かなことなのかもしれない。

この町で過ごした18年よりも大阪で暮らした時間のほうが長くなったけど、やっぱり故郷は特別で、子供の頃の記憶が張り付いた町並みを歩くのは独特の旅情を呼び覚ます。

住む人がいなくなった家に誰も遊ばなくなった公園の滑り台と、そこに流れたであろう時間。

FullSizeRender (23)

本当に旅したいのは距離ではなく時間と、そこに注がれたであろう意識なのだ。

この景色など僕が子供だった30年前からほとんど変わっていない。

IMG_3082

込み入った路地を探索して、そこに暮らす人の生活の息遣いを感じるのが好きだ。

そしてちょっと歩くと、なんという絵になる景色だろう。ゴッホの絵みたいに生命力に溢れている。

FullSizeRender (24)

山に囲まれていて、周囲からホトトギスやキツツキの声がする。

生命の息吹を感じていると、ここの主役は人間ではなく、それを囲む山や自然なのだということがよく分かる。

IMG_3086

たんぽぽ見つけた。春だなぁ。

IMG_3089

ここまで歩いても誰一人として会わない。人がまったくいない。

FullSizeRender (25)

無防備に窓も玄関も開けっ放しで、そこから春の高校野球の実況の声が聞こえてくる。

FullSizeRender (26)

昔友達が住んでいた家も今では取り壊されて、あぁ…こんなに狭かったんだ…と、このスペースで繰り広げられたであろう数十年分の家族の営みと、僕がお邪魔して体験したスーパーマリオブラザーズの日々を思う。

IMG_3098

裏山。本当に誰もいない。誰も会わない。

自然の生命力と鳥のさえずりと土の匂い。空気が濃密で陽気が心地よい。

FullSizeRender (27)

キラキラして美しい。しばしぼけーっと眺めている。

FullSizeRender (28)

いぬのふぐり。じっくりと見つめていると凄い勢いで何かが充電されていく。普段こういう解像度で物を見ることって無いから。

IMG_3106

桜はもう少し待とう。

IMG_3111

咲いてる咲いてる。

FullSizeRender (29)

ミツバチ発見。

IMG_3114

ザリガニとカエルがいそうでワクワクする。こういうの大好物。

FullSizeRender (30)

途中雨が降って、雨上がりに光る路地。未だ誰一人として会わず、一人歩きながら外的にも内的にも心を広げて遊ばせる贅沢。

FullSizeRender (33)

そして花。

誰もおらずとも咲く。

FullSizeRender (32)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

2 Comments

たまごん

ふるさとの素みたいな写真ですね〜ずっと富山在住ですが私も懐かしさを感じました。穏やかな気持ちになりますね。

返信する
surface

たまごんさん。
コメントありがとうございます。こういう自然の風景って見てると心が落ち着きますよねー。ほんと時間がゆったり流れてるんですよね。
こういう空気感もブログを通じておすそ分けしていきたいです。
これからもよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です