ブログをリニューアルしています

マクド的優しさ

28138011431_b9c55ee164 やっちまった…。 東京滞在のマクド(マクドナルドの大阪的表現)にて、 セット食べながらスマホいじってたんだけど、コーヒーを置いた所がトレーの縁のところで、 ばしゃーん!って盛大にこぼしてしまった。 周りの人にはかかってない! セーフ! でもキャリーケースのジッパーのところにこぼれてしまった、やばい! 中のワイシャツが濡れたらシミになる。それは困る! と一瞬で判断して、 慌ててカウンターに行って雑巾を求めたら、 「いえいえ。こちらで拭きますので、大丈夫ですよ(^^)」っておばさん、 ちゃうねん。 「急ぎで拭くものが欲しいんです。これ使っていいですか?」と、カウンターにおいてあった布巾を握って言うと、 「すみません(^^)ダメなんです。」 ダメなのか!! 「すぐに行きますので(^^)」 いやいやいや。まじかー。 とりあえず紙ナフキンを取ったら、2枚で紙切れ!(笑) うおー! 仕方がない。 その2枚でひとまずジッパーのとこだけ拭いて、中を確認したら中までは滲みてなさそう。セーフ。 そしておばさん。すぐに来て、 「大丈夫ですか~(^^) 後はやりますんで、席移ってくださって大丈夫ですよ。 これも新しいのご用意しますね。」 って、僕のほぼ食べ終えたトレーを持って行こうとする。 「いやいや。大丈夫ですよ。ほとんど食べ終えてますんで」 「いえいえ。新しいのご用意します。大丈夫です(^^)」って満面の笑み!? 「いや。こっちが大丈夫で…。あぁ…」 持っていかれる(笑) そもそも別にポテトとか濡れてなかったし、ほぼ完食してたんだけど…。 そして、山盛りのポテトとなみなみと注がれたコーヒーが入ったトレーを用意されて、(ハンバーガーはそのまま) 「はい。どうぞ。ごゆっくり(^^)」 「いや。ほんと、すみません。ありがとうございます(^_^;)」 というわけで今、満腹の僕の目の前には山盛りのポテトとコーヒーがある…。 何故かコーヒーのフレッシュに至っては新しいの2個くれている(笑) なんなんだろう。このマクド的優しさ…。 重い…(笑) そして新しく座った席の正面には、80過ぎであろうお婆さんがドストエフスキーみたいな苦悩の表情で頭を抱えて塞ぎこんでいる。 なんなんだ。 なんなんだ東京。 優しいのか厳しいのか。 チューニング難しすぎるわ!  
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

2 Comments

ほー

山盛ポテトのその後の行方がとても気になります。

過剰包装に似ている過剰な接客(待?)
重いと感じることあります。あります。

さて関西ではありませんが、はじめは「マクド」でした。
いつしかマックに。何でだろう?
これも東京の何かでしょうか?(何かって何…)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です