ブログをリニューアルしています

タオ待ち

存在が溶け出して、もう帰ってこれないんじゃないかと思うくらいめっちゃ寝たわ。おはようございます。

愛するイモリが共食いしてしっぽが無くなる夢を見ていた。でも起きてみると今日も平和で良い天気。

きっとイモリたちも冬眠前の束の間の晴天とぬくもりを楽しんでいることだろうよ。

僕はまだ戻りきってない薄い感覚のままひとまず身体をホテルの外に持ち出して、秋晴れの街を歩いていつものカフェに向かう。(使ってるホテルは12時には外に出ないといけないから)

さあ、今日は何をしよう。

ノープラン。

そうだ。溜まってるメールの返信をしよう。(溜めるなよ)

「先生、もしかして怒っていますか?」って、たまに気にされてメールが来るんだけど、怒ってるわけでは全くなく。

返信を後押しする流れを待っているんです。タオ待ち。

今の時代、本当は許されることではないでしょうけど。(ほんとごめん)

でも、とことんタオに従って生きようって決めたんです。

宇宙や天体や季節のリズムと流れ。それと同調して流れに溶け込み一つになる。

今はその静かな喜びが一番大切で愛おしい。

スマホを見ると、今日も馬鹿みたいに日経平均が上げている。

でももうそんなこと本当はどうでも良い。

良い天気なんだよ。秋晴れの。

良い天気なんだよ。

*****

*****

ご質問:タオってなんですか? まさかのタオパイパイ?

*****

*****

回答:大いなる創造の流れ、全ての源であり私たちを動かすもの。老子はそれを「道(タオ)」と呼び、

それに従うことで、無為にして成す、つまり何か努力したり頑張ったりすることなく成せるんだよと言ってるんですね。

僕もこれまで生きてきた中で、またカウンセリングを通じてたくさんの人の人生を見てきた中で、これが究極の真理だと知って、もうそういう風に生きで行こうと。というより、そういう生き方しかできなくなってきました。

タオの流れ、私を突き動かす流れが今、頭キレキレで何かを学ぼうとするならそうしますし、

そうでなければ、そうしない。それが正解なんですね。

そうやって流れに従っていると、宇宙が私を通じて何かを成す。

それは、自我の創造とは違って、他者との調和に満ちている。

自我で頑張って3億の資産を達成しました!というのは、タオの流れとしては本当は違うところや違う人に流れようとしているお金を自分のところに持ち込んだという可能性が高く、

そうなるとタオの自然の流れによって散財する方向に背中を押されます。

散財することで足りないところに流すというのが、宇宙の働きですからね。

そのタオの流れを我慢して無理にそれでも散財せずに節約したりすると、奥さんが代わりに浪費したり、

子供が引きこもりになってスマホ課金しまくって散財したり、

病気になって高額な医療費として出費したりすることで、お金は流れ出ようとします。

ここにおいては病気さえもタオの流れなんです。

お金のそういう力を経験的に知った成功者たちは浄財と称して、寄付することで無理な資産形成がもたらす不幸を回避したりしますが、それも表面的な理解で、

どれだけお金を流したら良いのか、どれだけ貯めたら良いのか、それも決まったルールは無く、その人の意図、天の意図、与えられた役割、これからの他者との縁、魂の格、宇宙の今の流れ、それらの相乗効果で決まっていきます。

だからその時々で違うし決まったルールもない、変幻自在に変わり続けながら、今はこっち、今はこうしろと背中を押す。それがタオです。

だから、タオに従っていると儲けすぎないし、また儲けなさすぎ無いんです。

お金という側面で言うと、そんな感じです。

タオをキャッチできる状態でいたいし、それに従っての創造は無理がなくてまたとても幸せなんです。

タオパイパイはたぶん、タオとおっぱいのマスターですよ。知らんけど(笑)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください