ブログをリニューアルしています

思考を収める

medium_3686087968

人間というのは、頭を良くするのも大切だけど、

馬鹿になる能力は実はもっと大切ですね。

僕の所に来られる方の悩みは多種多様ですが、無理やり一言でまとめると、

「馬鹿になれない。」

ということに尽きます。

考えないでいいのに、考えすぎて不安。

気にしなくていいのに、相手を気遣って疲れる。

剣術を学ぶには、怪我をしないように、まず刃を向ける方向や、鞘への収め方から学びます。

銃を扱うにも、まず安全装置と保管方法から学ぶでしょう。

でも、思考は刃を研ぐばかりで、振り回すばかりで、収め方を学びません。

だから、時に武器として研いだ思考の刃が、自分自身を切り刻みます。

人によっては言葉にせずとも、無意識下で他人を切り刻みます。

思考を磨くなら、それを止める術も学びたいものですね。

少なくとも、思考は道具であって、自分自身ではないのだと。

そして道具は「使う」だけではなく、「収める」ということとセットになって初めて習得したと言えるのだと。

そのように理解すると、刀を扱うように細心の注意をもって、思考を扱おうという気になりますね。

あなたは、どうでしょうか?

武士が刀を鞘におさめるように、今、思考を収めることができますか?

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です