ブログをリニューアルしています

質問1つで生きていく決意

ここ最近、スマホをiPhoneからAndroidに変えてみて、感心することしきりです。

その詳細は改めて別記事に譲るとして、まずなにより、Google音声入力が本当に優秀ですね。


スマホに話しかけると瞬時に文字にしてくれます。


認識精度も高く反応も早いためストレスが無く、自分が話した言葉が瞬時に文字になってモニターに現れるのを見るのは、感動的ですらあります。

最近は簡単なメールやLINEは、ほぼ声で入力するようになりました。

 

そして、スマホで使えるAIの『Googleアシスタント』もこれがまた優秀で。

さすが検索エンジン会社の提供するAIだけあって、iPhoneのAIアシスタントの「Siri」よりも遥かに細かで行き届いた情報提供をしてくれます。

 

何気なくテレビを見をていて、クリスティアーノ・ロナウドが出ているシックスパックのCMを見て、

なんでこの企業はこんなCMを打てるだけの資本力があるんだろう? と気になった瞬間にスマホを持って、


「シックスパックの会社について調べて」話しかけると、

「こちらです」と、0.2秒後には会社のホームページを出してくれます。


見てみると、多角的な収益源があることがわかります。

この感じ。

 

自分の中の疑問を声に出した途端に謎が解け、解消されていく感覚。

これが脳にとっても気持ち良いのです。

 

物知りのアシスタントが僕のためにいつも側にいてくれるような感覚です。

Siriを使ってみた時は「AI元年」とは言えまだまだ実用は先の話だなと思っていたのだけど、どうやらAIの時代は既に始まっていたようです。

 

最近は何かにつけてGoogle先生に頼るようになりました。

 

「P 10 LITE のテーマの変更方法を教えて」

「スマホで使う質の高いマイクある?」

「 Google 音声入力をMacで使う方法ある?」

 

瞬時に良くできた解説ページを5つ紹介してくれます。

 

慣れないAndroidだけど、いじっていて使い方がわからない度にGoogle 先生に聞けば解決してくれます。

そして、すでにGoogle様の提案に従ってネットでいくつかの買い物もしています。

凄いですね。

 

こうなると、質の良いクリエイティブな「問い」を思い付けるかどうか、 が大切になってきます。

 

こちらが何に疑問を感じているのか、適切に定義された質問を正確な用語を使って作り出すことは、なかなか高度で創造的なスキルなのだけど、

それさえできれば素晴らしい恩恵を返してくれます。


そして、これは自分自身の脳にも言えることですね。

 

僕らの脳の中には自分が生きた年数だけの(そして実は先祖代々や、人類が生きた歴史の)様々な知恵や経験がストックされていて、

しっかりと定義されたクリエイティブな質問を投げかけると、瞬時とはいかないまでもじっくりと深めて、適切な解をもって応えてくれます。

 

あるいは その後の人生そのものが問いの答えであるかのように展開していきます。

更に言うと、私たちは自分には無い膨大な経験を積んだ他者にも、質問をすることができます。

 

つまり問いには三つの方向があります。

・AI をはじめ、電子ネットワーク上に蓄積された膨大なデジタルデータへ。

・自分自身の脳の中にストックされた知識や経験や暗黙知へ。

・世界に7億を超えると言われている他者へ。

 

それぞれに適切で有用な問いを投げかけられるかどうか、それが膨大なリソースにアクセスできるかどうかの鍵となるわけです。

 

コンピューターが理解しやすい正確な語彙とシンプルな文法を使った問い。

自分の無意識を活性化して再構築し、パラダイムを作り変えてしまうような深くオープンな問い。

相手の無意識の奥底に眠っているフィーリングを刺激し答えるだけの意欲を与えて言葉を引き出すような問い。

 

それぞれにポイントは少し違うけれど、いずれにせよ、 良い質問さえ見つかれば、カチッと音がして扉が開き、新しい世界が目の前に出現するわけです。

 

その場で作ったちょっとした質問が鍵となり扉が開き、目の前に新しい世界が広がる。

それによって自分の中のイメージ空間も拡張されていくわけです。 面白いですね。

こんな時代が退屈だということはもうありえません。

もし退屈なのだとすれば、それは問いを作るための勉強ではなく、単に知識を頭に保存するためだけのインプットを勉強だと勘違いしてきたからかもしれません。

自分のものだとこだわりさえしなければ、知識も経験も既にコンピューターや他者の脳の中に膨大にストックされています。

 

ただ、それを使う鍵となる質問を持たなければ、それらは無いに等しいものですね。

 

自分の知識量の多寡など大胆に棚に上げて、良い質問を作る力1つだけ持って、世界中のリソースを引き出し活性化させクリエイトしていく。

 

質問の技術1つだけで生きていく。

 

そういう決意は、私たちの心を軽くしてくれますね。

 

長らく僕らを縛ってきた、「まずは自分が優秀でなければならない」という呪縛から開放してくれるようです。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です