ブログをリニューアルしています

命の流転

ベランダの水瓶の中で飼っている金魚が、春になると機嫌良さそうに泳いでいて、

僕を見ると餌を求めてパクパクと口を動かしながら近づいて来る。

僕はそれに「おはようさん」と声をかけながら餌をやる。

小さな意思疎通。何気ない朝のお気に入りの日課だ。

それが先日見ると金魚が一匹残らずいなくなっていた。死体も無く姿を消している。

よく見ると水草が食い荒らされた後がある。

あぁ。あいつか。

ちょうどベランダから見える電柱の上にカラスが巣を作り、子供を育ててているようだった。

リビングにいる子どもたちに言った。

「金魚が食われた…。」

「え?なんで?何に?」

「カラスやな。アイツや。俺のファミリーを殺した奴は殺さなあかんな。それが血の掟や。エアガン買って来て撃つぞ。」

「えー。そんなんしたらあかんねんで。」

「でもあいつは俺の大切な家族を殺したぞ。」

そうギャングっぽく憤ってみたけど、そんな怒りが湧いてくるわけでもなく、心は静かだった。

自然の掟。命の流転。あいつだって子供に食わせているんだ。

それからしばらくして電力会社がクレーン車に乗ってやってきて、電線の保全のためにカラスの巣の撤去にかかったようだ。

それを見ていた妻が後に話していた。

まだ子供だったカラスは上手に飛べなかったようで、巣から落下しながらも羽ばたいて、なんとか小学校の裏庭のビニルハウスの屋根に着地したようだ。

巣を奪われる間も親ガラスは何もできず、撤去する人間の周りを抗議するように飛び周るだけだったようだ。

電力会社が帰った後も、妻は窓から見える学校の裏庭を気にしては心配そうに見ている。

「まだ小ガラスおるわ。飛べないからどこにも行けへんのかな。親ガラスはあそこで見てるわ。」

気にかけて心配してる。

時々、生ゴミをつつかれて散らかされては怒っているけれど、家族の金魚も食ったけど、今そこで生きようとしている命には抗えない。

どうにか元気でいてくれたら良いなと思う。

その一方で僕らは、うまいうまいと焼き鳥を食う。

生命の掟。命の流転。

命を愛し、命を食う。

決して、どちらか一方ではありえなようだ。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください